読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログでいいじゃないか

結局ブログが一番落ち着くのかもしれないと思い、ブログを書くことにしました。

2017年5月14日 その1:

SKE48の公演で今一番入りたい公演はどれですか?」

というアンケートで、

現行チームS公演(「重ねた足跡」公演)の人気が

チームKIIチームEよりも有意に低く、

研究生公演に近いぐらいだったらしい。

 

個人的には、2016年9月以降での累計では3チームの中で

チームKIIの「0start」公演に入った回数が一番多い。

チームEチームSは同じ回数入っている。

では、次また入るとしたら?と考えると

私はやはりKIIを選んでしまうかもしれない。

 

何故かと言うと、私がパフォーマンスが好きなメンバーが

KIIに一番多いからである。

さきぽん、惣田さん、えごちゃん、ゆなな、ちゅり の5人。

なおちゃんも、曲によってはそれに加わる。

面白いのは、「この1人だけで充分」と思うような万能型の

パフォーマーも居ない所だ。それぞれに向いている曲、向いてない曲がある。

それが逆にチームとして面白い。総じてパワフルであるが、

足りない部分をメンバー同士で補い合っているような感じがある。

 

 

対して、チームEで公演全編に渡って

私が満足できるレベルのパフォーマンスを

してくれるのは、正直言って、くまちゃん1人しかいない。

だから、チームE公演を観に行くというのは

くまちゃんを見るために行くようなものである。

だから、KIIに比べて優先順位が低くなる。

 

チームSはどうか?

私が今、チームSで一番好きなパフォーマー

わんちゃんである。

わんちゃんのパフォーマンスからは

お客さんに感動して帰ってもらおうという「気持ち」を感じる。

動きが大きいとか小さいとかそういうレベルではなく

練習や準備をしっかりしてステージに立っているなと

感じさせるものがあるのだ。

しかし、チームの公演として考えると、

わんちゃん1人を見に行くというのでは物足りない。

あと何人か、そんなメンバーが欲しい。

ゆめちやみきてぃ、宮前と、パフォーマンスに

定評のあったメンバーがこの1年で相次いで卒業したことが本当に痛い。

今のチームSは、踊れないメンバーが浮かないように

周りが合わせているのではないかと疑ってしまうほど

全体として緊張感や迫力に欠ける。

重苦しい衣装を着て踊る「Gonna Jump!」など

セットリストと衣装の組み合わせにも問題があるとは思うが、

単純に個々の曲のパフォーマンスを見ても、

ピリッとした緊張感がないのだ。

たとえば、「強がり時計」という曲は、時計をモチーフにした

曲なのだから、振りのリズムやタイミングがビシッと合ってないと

最高にかっこ悪いし、美しくない。感動できない。

すべての曲が合わせることを重視すべきとは全く思わないが、

曲や歌詞の意味を考えてパフォーマンスしていないと、

ただ踊っているだけの感動のない公演になってしまう。

だから、また劇場まで見に行こうという気持ちになかなかなれない。

 

 

私が公演に求めるのは、セットリストに好きな曲が入っているかどうかよりも

その公演で、ハッと目が覚めるような

感動のあるパフォーマンスを見せてもらえるか、

そういうメンバーが何人もいるかどうかというのが大きい。

感動のないパフォーマンスなんて、見るだけ時間のムダなのだ。

これはメンバー人気にも言えることで、

「ただ普通に踊っているだけ」の退屈なパフォーマンスなんて、

何百回見たって同じで、それじゃ公演でファンは増やせない。

感動させにかかっているか?表現をしているか?気持ちは入っているか?

というのが大事なのだ。

2017年5月10日 その1:

「100%SKE48 Vol.3」を購入して、

早速読んでいる。

 

今のところ、

ゆななのページまでは

読み終えた。(40ページ目)

 

古畑奈和ちゃんのインタビューや

えごちゃんとちゅりの記事も面白いのだが、

ゆななのグラビアの可愛さが物凄い。

 

第1弾と比べて、第2弾はより内容が充実していたが、

パラパラとページをめくってみた限りでは、

今回も読み応えがありそうな予感がしている。

 

ちなみに、付属のポスターは

丁寧に扱わないと破れやすいので

広げて見たい場合は

先に本誌から切り離したほうが良いかもしれない。

 

2017年5月6日 その1:

夕食を餃子の王将で食べた。

以前よりも餃子が美味しくなったような気がする。

気のせいかもしれない。

 

店内のレイアウトも変わっていて、

前よりも開放的になっていた。

 

 

2017年5月5日 その1:

今日は、奈良の薬師寺長谷寺に行ってきた。

早朝に家を出たので、行きは渋滞に巻き込まれずに済んだが、

帰りは渋滞にはまってしまったので

一般道に降りて帰ってきた。

 

どうせなら全国ツアーの奈良公演のある明後日に

行きたいところだったが、

今回は付き合いなので自由行動はできないため

諦めた。すこぶるタイミングが悪い。

2017年5月3日 その1:

SKEの番組スポンサーに

モスバーガーが入ってるということで

昼食をモスバーガーで食べた。

モスに来るのは去年の夏以来だ。

期間限定で「クリームチーズテリヤキバーガー」

というのが販売されていて美味しそうだったが、

昔、テリヤキチキンバーガーが好きでよく食べていたので

今回も結局それにした。

 

 

 

 

2017年4月29日 その1:

投票券付き劇場盤の空注文の犯人探しというか

罪のなすりつけ合いは意味がない。

 

疑心暗鬼になってあちこちを敵視する結果になるだけだ。

本来的にはシステムがこれを防がないといけない。

 

そもそも投票券付き劇場盤は

握手券が付かないが投票券1枚と生写真2枚付きというタイプもある。

票を積むだけなら二本柱の会の票もある。

握手の完売は人気動向を探るための1つのデータにすぎない。

それも、購入枚数の制限が入る前の受付次数の数字しか意味はない。

 

握手券を買ったら自動で投票されればいいのにという人もいるが、

私は、そもそも個別握手券付き劇場盤に投票券がついてること自体が間違いだと思う。

ファンは握手の見返りに投票するのか?

メンバーは投票の見返りに握手するのか?

それでは清き一票には程遠い。

 

 

握手会に行かなかった人は投票していないのか?

いや、握手会に行かない人だって投票しているだろう。

メンバーの顔を生で見たことすら、一言も話したことすらない人も

投票しているかもしれない。

誰がどのメンバーに投票したか、あえて言わなければ分からないからこそ、

ファンに直接的な見返りがないからこそ総選挙の意味や面白さがある。

 

だから個別握手券付き劇場盤に投票券が付く事自体が

様々な疑心暗鬼を生むから私は好きではないのだ。

 

2017年4月28日 その1:

48thシングルの劇場盤再販1次受付終了時の結果が出た。

再販前と比べて意外と数字は下がってはいない気もする。

しかし一気に下がったメンバーも中にはいる。

空注文は論外としても、支払い忘れというのは

意外とあるものなのだろうか。

私は支払い忘れをするのが怖いので

8次受付が終了した後のメールを今か今かと待つタイプだ。

 

投票券付きの劇場盤の告知をする時の

メンバーのツイートの書き方に

それぞれの特徴があって面白い。

メンバーがどういう立ち位置で

総選挙というものに臨んでいるのかが分かる。

ファンのことをどう考えているかも透けてくる。

自分のことなのに他人事のようなメンバーはよく分からない。